現金が振り込まれないのに返済がスタートしてしまった・・・

現金化を利用する時には、利用する業者選びも大切になります。
現金化業者に現金化の依頼をしたけれど、自身の銀行口座に現金が振り込まれなかったがその後、安価な商品が届き、高額なショッピング料金の返済が始まった。
このようなケースは悪徳業者を利用してしまった可能性が高いと思われます。

お金を手にする事はできなかったのに返済が始まってしまってはムダな返済をしていく事となりますよね。
クレジットカードのショッピング枠は一般の方はそう高い限度額ではないのですが、お金に困っているからこそ現金化を利用しているので返済はかなり厳しくなるでしょう。

こんな事に陥らないようにするためには悪質な業者は選ばないという事です。
最近はランキングサイトがあり、現金化業者を紹介しているサイトがありますのでそこに載っている業者を選べば悪質な業者に出会う事はまずないでしょう。

最初に言っていた還元率と振り込まれた金額が違う・・・

現金化業者には還元率というものがあります。
別名キャッシュバック率とも呼ばれているのですが、この還元率が高ければ高いほど業者の取り分が少なくなり、利用する側がたくさんお金を手にする事ができる仕組みになっています。

最初は95%還元と言っていたのに、実際には85%だったなどという事になっては、還元率がいいから利用したのにというお得さが全くなくなってしまいますよね。
このような手口を使う業者は、最初に購入させる商品に高価なものを選ぶ事が多くなっていますので要注意です。

また、現金が振り込まれてから商品が届くのではなく、商品が届いてから現金が振り込まれるようなシステムの所も要注意となりますので覚えておいてください。

現金化の相談をしたらヤミ金を勧められた・・・

現金化を利用しようと思い、相談をしているうちに現金化ではなくヤミ金の利用を勧められた。
という経験をお持ちの方もいるようです。
現金化では希望金額に満たないから、現金化より金利が低いなどと上手い話に乗せられて、現金化よりもヤミ金の方がいいかと流される事のないように注意が必要です。

現金化を利用するのはお金に困っている時、すぐにお金を借りたいと思う人はとにかくお金を借りたいという気持ちが強く、その他の条件交渉などまで頭がまわっていない場合があります。

現金かはクレジットカードを持っている人が利用する事が出来ますが、ヤミ金ならクレジットカードを持っていなくても利用する事ができますが、膨大な金利がかかったり、返済できないと厳しい取り立てに遭ってしまうなんて可能性もありますのでヤミ金業者にはくれぐれも気を付けましょう。